Pocket

結婚式の二次会では、新郎新婦もゲストの方も、披露宴とは違うくつろいだ顔をしています。夫婦になった二人の門出を盛り上げるのが、幹事の腕の見せ所ですが、なかなか大変なことでもあります。

景品選び中でも、ゲームの後で持ち帰ってもらう景品選びには、多くの幹事が頭を悩ませていますが、どういったことに注意すれば、皆に楽しんでもらえるのでしょう。

まず大切なのは、なるべくたくさんの参加者が当たるようにすることです。当選者が少なすぎると場がしらけることもありますから、当日はできるだけたくさんの品を用意しておくと喜んでもらえるでしょう。

ただし予算の関係もありますから、景品の金額には差をつけてもかまいません。むしろ豪華な賞品と、参加賞的な日用品が交互に当たると、笑いも起きて二次会も盛り上がります。また、多少のサプライズの意味で、凝った渡し方をするのも一つの手です。たとえば、ゲームを終えて景品が行き渡ったと見せかけて、おまけでもう一つ用意しておくなども面白いでしょう。

あくまで主役は新郎新婦なので、景品を選ぶときには二人とよく打ち合わせておくことも大切です。二人の好みに合わせた景品なども、参加者には喜ばれます。予算の兼ね合いについても、費用負担はどのようにするのか、会費はいくらに設定するのか、しっかり話し合っておきましょう。このサイトでは、多忙な二次会の幹事のために景品の選び方や、人気の景品など、二次会を盛り上げるためのコツをたくさんご紹介しています。